ホーム » 法人のお客さま » 経営・営業面のサポート » (財)日本生産性本部との共催による経営相談会

(財)日本生産性本部との共催による経営相談会

お取引先企業が抱える経営課題を解決するための一助として、(財)日本生産性本部との共催による経営相談会を行っています。

経営相談会の概要

内容
  • (1)事前準備
    決算書などより、事前に経営分析を実施します。
  • (2)当日 ヒアリング及び現地視察
    事前に分析した内容を元に、ヒアリング及び現地の視察を行います。
  • (3)後日 報告
    後日御社へ訪問させて頂き、ご報告並びに改善方向を提示させていただきます。
対象先 当行のお取引先中小企業
場所 貴社にて
日時 実施日時につきましては、経営相談会を実施させていただきます2社の意向をお伺いした後調整させていただき、決定させていただきます。
定員 相談会1回につき2社。
相談料 1社あたり97,200円(消費税等含)
  • 生産性本部へお支払いいただきます。
  • 1社の場合は、194,400円になります。
事前提出資料 会社案内、直近3期分の決算書写し、組織図等。
なお、相談課題によっては別途の資料が必要な場合があります。

お申込み方法

営業店備付けの申込書に社名・住所・電話番号・代表者名・参加者名・相談課題・参加希望回および時間帯等の必要事項を記載のうえ、お取引営業店あてご提出いただきます。なお、相談会1回当たりの定員は2社とさせていただきますので、定員オーバーの場合は日程調整させていただきます。

(財)日本生産性本部とは

1955年に(財)日本生産性本部として設立し、戦後の日本経済の自立発展に貢献してきました。また1994年に、活力ある福祉社会の実現を目指して国民的合意形成活動を展開していた(社)社会経済国民会議と統合し、現在に至っています。

(財)日本生産性本部の経営コンサルティングは、こうした生産性向上を基軸とし、企業の経営支援を行なうだけでなく、1956年より経営コンサルタントの養成も行っている国内唯一の団体です。中堅中小企業から大企業に至るまでのコンサルティング活動を実践し、公正・中立的な立場から、実践的で具体的な提案・実行までを支援しています。

当行では、経営コンサルタント養成のため、1977年より当財団に毎年1〜2名の行員派遣を行ない、累計29名が経営コンサルタントの資格を得ています。現在25名が営業店および本部各部に所属し、お取引先企業の経営改善支援等の活動を行なっています。

なお、(財)日本生産性本部の経営コンサルタントとは別途に、1977年より中小企業大学校にも毎年1〜2名の行員派遣を行ない、中小企業診断士の養成に努め、累計30名が中小企業診断士の資格を得ています。独力で資格を得たものも含め、現在26名の中小企業診断士が幅広い活動を行なっています。

ホームページ:(財)日本生産性本部

お申込み・ご相談

詳しくは、お近くの四国銀行の窓口でお申込み・ご相談ください。

ページの先頭へ戻る