ホーム » 将来に備える » 取扱保険商品 » 取扱保険商品の特徴

取扱保険商品の特徴

個人年金保険

運用(ふやす)・年金(受け取る)・相続(のこす)がひとつになった商品です。

  • 特長1

    運用:ふやす【ご自身の充実した生活のために】

    国内外の株式、債券を主な投資対象とする特別勘定で運用する「変額個人年金保険」やあらかじめ定められた利率で運用する「定額個人年金保険」、外貨建で主に外国債券で運用する「外貨建定額個人年金保険」などがあります。

  • 特長2

    年金:受け取る【ゆとりあるセカンドライフのために】

    お客さまのライフプランに合わせて多くの受取方法をご用意しています。お客さまがご選択された期間で年金を受取る「確定年金」、一生涯年金を受取る「終身年金」、年金としてではなく一括で受取る「一括受取」など、さまざまな受取方法を選べます。

  • 特長3

    相続:のこす【大切なご家族のために】

    運用期間中は死亡保障があり、万一の場合は「死亡給付金」という形でお客さまの大切な資産をご遺族にのこすことができます。

【定額個人年金保険】

契約時に将来お受け取りになる年金原資が確定します。

定額個人年金保険

死亡給付金

運用期間中に被保険者さまが万一お亡くなりになった場合、死亡給付金をお受け取りになれます。

運用

契約時に将来お受け取りになる年金原資が確定しています。
外貨建商品で運用する場合には、為替変動リスクがあります。
中途解約された場合には市場価格調整等により解約返戻金が一時払保険料を下回ることがあります。

【変額個人年金保険】

投資信託等で運用します。将来の年金原資は運用実績によって変動します。

変額個人年金保険

死亡給付金

運用期間中に被保険者さまが万一お亡くなりになった場合、死亡給付金をお受け取りになれます。
一時払保険料を下回っている場合でも、死亡給付金は一時払保険料相当額を最低保証する商品があります。

運用

投資信託等で運用します。将来の年金原資は運用実績によって変動します。 中途解約された場合には解約返戻金が一時払保険料を下回ることがあります。

一時払変額保険

一時払変額保険は、運用実績によって、保険金額や解約返戻金の金額が増減する商品です。万一の場合の死亡保険金は指定通貨で最低金額が保証されています。

一時払終身保険

一時払終身保険

一時払終身保険は、一生涯にわたり死亡保障が続く商品です。万一被保険者さまが死亡または高度障害状態になられた場合、死亡・高度障害保険金が支払われる生命保険商品です。
(※商品毎に高度障害保障の有無が異なります。)
当行で取扱している一時払終身保険には、ご加入時に被保険者の職業告知のみ、または、無告知・無診査で加入できる保険と、ご加入時に被保険者の健康状態の告知または、医師による診査等が必要な保険とがあります。

平準払終身保険

平準払終身保険は、保険料を「月払」や「年払」などの方法により払い込むことで、一生涯にわたり、万一の場合の保障(死亡・高度障害保険金)を確保できる商品です。
(介護保障を受けられる商品もあります。ご加入時に被保険者の健康状態の告知が必要となります。)
当行で取扱している平準払終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金を低く設定することで、保険料をお求めやすくするとともに保険料払込期間経過後の解約返戻率を高めている商品です。万一の場合の保障の他、将来の教育資金やセカンドライフの準備にもご活用いただけます。

医療・がん保険

一時払終身保険

医療保険は、病気やケガにより、入院・手術が必要となった場合に保障される保険です。
がん保険は、誰にでもかかる可能性がある「がん」に備える保険です。
「月払」や「年払」などの方法により保険料を払い込むことで、一生涯にわたり保障を受けられます。
(ご加入時に被保険者の健康状態の告知が必要となります。)

お申込み・ご相談

詳しくは、お近くの四国銀行の窓口でお申込み・ご相談ください。

ページの先頭へ戻る