ホーム » ニュースリリース » ~クラウドファンディング~「高知をひとつに!やるぜよ、土佐風土祭り2018!」の資金募集

一覧へ

ニュースリリース

2018年8月9日

~クラウドファンディング~
「高知をひとつに!やるぜよ、土佐風土祭り2018!」の資金募集

 四国銀行(頭取 山元文明)は、業務提携先のREADYFOR株式会社と連携し、購入型クラウドファンディングを活用した、土佐風土祭り実行委員会のプロジェクト資金募集をサポートしましたので、お知らせいたします。
 当行は今後も、クラウドファンディングの手法を活用し、地域の魅力向上や地域資源を活用した新商品・新サービスの開発に取り組む事業者の皆さまを、積極的にサポートいたします。

1.プロジェクトの概要
名称 高知をひとつに!やるぜよ、土佐風土祭り2018!
実行者 泉 卓文(土佐風土祭り実行委員会/委員長)
取扱者 READYFOR株式会社(レディーフォー)
内容 本プロジェクトは「土佐風土祭り」を通じ、後世に土佐の文化(食・酒・風土)を伝える取組みです。今回、資金募集するキッズイベント(チャンバラ・スポーツMax・高知城フォトロゲイニング)は、土佐の文化を伝えるきっかけづくり、子どもたちの体力づくりを目的として開催するものです。
支援募集金額(目標) 1,000,000円(※all or nothing)
申込単位 3,000円、10,000円、30,000円、50,000円、100,000円
募集受付期間 平成30年8月1日~平成30年8月31日
申込方法

READYFOR株式会社のWEBサービス「Readyfor」よりお申込ください。
本件プロジェクトURL  https://readyfor.jp/projects/ hudomaturininja

リターン

主な特典:土佐風土祭りフォトデータ、よさこい大賞受賞チーム“ほにや”セット、
高知の地魚セット他
※申込金額によってリターンは異なります。詳細は上記サイトよりご確認ください。

※All or nothing:期日までに目標金額達成しなかった場合は、支援者に返金となる仕組みです。

2.「土佐風土祭り」について
 地域企業や青年団体、大学などが主体となり、「高知をひとつに」をコンセプトとして、高知城で開催しているお祭りです。今年は9月8日(土)、9日(日)に開催されます。

  盛りだくさんのイベント
【盛りだくさんのイベント】
  キッズイベント
【キッズイベント】

3.当行がこれまでに取り組んだクラウドファンディングの事例
【READYFOR株式会社(サービス名:Readyfor)】
  • 「どぶろく特区」三原村のブランドを次世代へつなぐプロジェクト(高知県幡多郡三原村)
  • 田んぼアートで棚田の存続支援プロジェクト(高知県長岡郡本山町)
  • 地元よさこいチームを守るプロジェクト(高知県安芸郡東洋町)
  • 温泉施設を改修し、地域の存続に繋げるプロジェクト(高知県安芸市)
  • 高知県宿毛市が誇る歴史的建造物の再生プロジェクト(高知県宿毛市)
  • 「高知県宇佐の漁師町に、ゲストハウスをOPEN!」プロジェクト(高知県土佐市)
  • 「濱長 花神楽」の挑戦!『よさこい』の灯を後世に紡ぐプロジェクト(高知県高知市)
  • 限界集落の幻の地鶏・土佐ジローを救え!加工場建設プロジェクト(高知県安芸市)
  • 「高知をひとつに!やるぜよ、土佐風土祭り2018!」プロジェクト(高知県高知市):本件

【株式会社マクアケ(サービス名:Makuake)】
  • パウダードレッシングNEWフレーバープロジェクト(高知県四万十市)
  • 絶品生しらすプロジェクト(高知県安芸市)
  • 地元企業の魅力を発信したい!じぃんず工房大方×高知大学生プロジェクト(高知県幡多郡黒潮町)

【ミュージックセキュリティーズ株式会社】
  • 米焼酎「天空の郷」の製造・販売プロジェクト(高知県長岡郡本山町)
  • しまんと地栗の生産プロジェクト(高知県高岡郡四万十町)

4.購入型クラウドファンディングとは
購入型クラウドファンディングとは、プロジェクト実行者(事業者)がインターネット上に取り組む事業を掲載し、賛同してくれるサポーター(資金提供者)を募ります。資金募集後、プロジェクト実行者は、サポーターに対して商品やサービスをお返しする仕組みです。

以上

ページの先頭へ戻る