ホーム » ニュースリリース » 当行行員が「農業経営上級アドバイザー」試験に合格 -高知県で初の合格者-

一覧へ

ニュースリリース

2015年1月9日

当行行員が「農業経営上級アドバイザー」試験に合格
-高知県で初の合格者-

 四国銀行(頭取 野村直史)では、日本政策金融公庫認定の「農業経営上級アドバイザー」試験に行員1名が合格しましたので、お知らせいたします。
 本試験の合格者は高知県で初となります。
 当行は一次産業の活性化を図るため、「しぎん6次産業化応援ファンド」を通じた資金調達手段をご提供しているほか、業務提携先のミュージックセキュリティーズ株式会社との連携(クラウドファンディングを活用した資金調達や商品プロモーションご提案による販路拡大支援)等を通じ、お客さまの6次産業化の取組みを積極的に応援しています。
 今後も当行はコンサルティング機能をより一層強化し、地域経済の活性化に貢献してまいります。

 

 

 

1.合格者

  お客さまサポート部ソリューション推進グループ 北本大輔(41歳・調査役)

 

2.農業経営上級アドバイザーについて

  • 平成17年、日本政策金融公庫が創設した「農業経営アドバイザー」の上級資格として、平成23年に創設された資格制度。
  • 農業経営に対する十分なアドバイス経験を有し、難易度の高い経営課題に対して 実践的なアドバイスが可能な、活動歴3年以上の農業経営アドバイザーが受験対象。
  • 農業経営アドバイザーの模範として、その指導にリーダーシップを発揮するとともに、6次産業化、新規就農、異業種からの農業参入、ブランド化など、より高度な経営課題に対し適切にアドバイスできる専門家として、農業者等への経営支援を行う。
  • 資格取得者は全国で累計41名(農業経営アドバイザーは累計2,860名)。

 

以上

ページの先頭へ戻る