ホーム » ニュースリリース » 個人ローンの商品改定

一覧へ

ニュースリリース

2015年2月6日

個人ローンの商品改定

 四国銀行(頭取 野村直史)では、地域金融機関としてお客さまのさまざまなローンニーズにお応えするために、平成27年2月12日(木)より、無担保個人ローン「暮らしのプラン」(教育ローン・マイカーローン・リフォームローン・目的ローン)の商品性の改定を実施いたしますので、下記のとおりお知らせします。

1.教育ローンの金利引下げ・元金据置期間の延長
将来地域を担う人財の育成を応援するため、無担保個人ローン「暮らしのプラン」の中でも特に「教育ローン」の金利を引下げします。
  現行 変更後
通常金利 2.5% 2.3%(▲0.2%)
最下限金利※ 2.3% 2.1%(▲0.2%)
※給与振込・フォーシーカード(クレジットカード)・積立性預金のご利用でそれぞれ0.1%、最大0.2%の引下げをします。
また、医歯薬学部に進学される場合にご利用いただく際の元金返済の据置可能期間を現在の4年6ヶ月から6年6ヶ月に延長し、特に将来地域医療を担う方々の進学時にご利用していただきやすい商品にいたします。
2.借入限度額の拡大
無担保個人ローン「暮らしのプラン」(教育ローン・マイカーローン・リフォームローン・目的ローン)の借入限度額を1,000万円に拡大することで、お客さまの多様なローンニーズにお応えいたします。
暮らしのプランお借入限度額 現行 変更後
教育ローン 500万円 1,000万円
マイカーローン 500万円 1,000万円
目的ローン 500万円 1,000万円
リフォームローン 1,000万円

以上

ページの先頭へ戻る