ホーム » ニュースリリース » 「Mfairバンコク2016ものづくり商談会」の開催

一覧へ

ニュースリリース

2015年11月16日

「Mfairバンコク2016ものづくり商談会」の開催

 四国銀行(頭取 野村直史)は、来年6月、タイ王国「以下、タイ」・バンコク市において、全国の地方銀行・自治体など30団体合同で共催する製造業及び製造業関連事業者向けの展示商談会を、下記の通り開催することになりましたのでお知らせします。
 タイに現地法人を持つお客さまの部品調達や、現地に拠点のないお客さまのタイからの輸入ニーズ、現地での販路拡大ニーズにお応えし、PR活動と商談の場を提供します。また、全国の地方銀行や自治体などと協力することで、出展されるお客さま同士の関係作りをサポートします。

 

商談会名称 Mfairバンコク2016ものづくり商談会
開催日時 平成28年6月22日(水)~24日(金) 10:00~18:00
会場 バンコク国際貿易展示場(BITEC)ホール107
出展規模 250社(想定)
来場見込数 10,000名(想定)
出展対象
  • <製造業>タイでの部品調達、販路拡大を目的とする製造業企業
    金属製品、自動車・鉄道・船舶部品、鉄鋼業、非鉄金属、一般機械器具、電気機械器具、情報通信機械器具、電子部品・デバイス、精密機械器具、化学工業、プラスチック・ゴム製品など
  • <ソリューション企業>製造業企業にサービス、製品を提供する非製造業企業
    商社(部品・製品の加工を行っている)、IT(ソフト開発)、人材、物流など
出展申込期限 平成28年2月19日(金)
出展費用 64,000タイバーツ(約237,000円)/コマ(3㎡)
111,000タイバーツ(約411,000円)/コマ(6㎡)※共催者経由で申込した場合の費用
商談会の特徴
  • 出展各社が登録する調達・販売案件を基に、Web上で商談の事前申込とマッチングを行うことにより、計画的・効率的な商談を行うことが可能
  • Manufacturing Expo(タイ最大のものづくり商談会)の併催イベントであり、タイはもとより、ASEAN各国の企業との商談機会が創出される
  • 豊富な媒体(Webサイト、ガイドブック)の活用により出展企業のPRを実施できる
主催 REED TRADEX COMPANY LIMITED
FACTORY NETWORK ASIA(THAILAND)CO.,LTD.
共催 愛知銀行、池田泉州銀行、大分銀行、大垣共立銀行、京都銀行、群馬銀行、高知県・高知県産業振興センター・四国銀行、山陰合同銀行、滋賀銀行、(公社)静岡県国際経済振興会・清水銀行(予定)・、七十七銀行、十六銀行、茨城県・常陽銀行、瀬戸信用金庫、中国銀行、東邦銀行、栃木県・足利銀行、富山県・北陸銀行、名古屋銀行、南都銀行、八十二銀行、肥後銀行、百五銀行、百十四銀行、福井県・福井銀行、三重銀行、みなと銀行、武蔵野銀行、山梨中央銀行、横浜銀行
※下線付けは連名共催を示しております
協賛 バンコック銀行、NNA(THAILAND)CO.,LTD.
後援 独立行政法人 中小企業基盤整備機構、在タイ日本国大使館、日本貿易振興機構(JETRO)バンコク事務所、Bureau of Supporting Industries Development(BSID) Thai Auto Parts Manufacturers Association(TAPMA)、Thai German Institute(TGI)、THAI SUBCONTRACTING PROMOTION ASSOCIATION、Thai Tool and Die Industry Association(TDIA)

以上

ページの先頭へ戻る