ホーム » ニュースリリース » 預金金利および住宅ローン金利の引下げについて

一覧へ

ニュースリリース

2016年3月3日

預金金利および住宅ローン金利の引下げについて

 四国銀行(頭取 野村直史)は、日本銀行による「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入に伴う市場金利の低下を踏まえて、預金金利および住宅ローン適用金利を引下げることといたしましたので、お知らせいたします。
  なお、預金金利は平成28年3月7日(月)から下記のとおり適用金利を引下げいたします。住宅ローン金利は、平成28年3月1日(火)から適用金利を引下げしております。

1.預金金利
実施日 平成28年3月7日(月)
※詳細は別紙をご参照ください。
  
2.住宅ローン金利
実施日 平成28年3月1日(火)
<店頭表示金利・新規実行サービス金利・エコ住宅ローン金利>
  店頭表示金利
(平成28年2月比)
新規実行サービス金利
(平成28年2月比)
エコ住宅ローン金利
(平成28年2月比)
3年固定 2.700%
(▲0.100%)
0.850%
(▲0.100%)
0.750%
(▲0.100%)
5年固定 2.800%
(▲0.100%)
1.200%
(▲0.100%)
1.100%
(▲0.100%)
10年固定 3.300%
(▲0.100%)
1.300%
(▲0.100%)
1.200%
(▲0.100%)

以上

ページの先頭へ戻る