ホーム » ニュースリリース » 「FinTechファンド」への出資

一覧へ

ニュースリリース

2016年6月17日

「FinTechファンド」への出資

 四国銀行(頭取 山元文明)は、SBIホールディングス株式会社(代表取締役執行役員社長 北尾吉孝)の子会社であるSBIインベストメント株式会社(代表取締役執行役員社長 川島克哉)が設立・運営する「FinTechファンド」(名称:FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合、以下「本ファンド」といいます。)に出資することといたしましたのでお知らせします。


 近年、インターネット・クラウド・モバイルといったIT分野の技術革新により、新たなテクノロジーやサービスを活用した異業種の企業やベンチャー企業が金融産業へ進出し、従来の金融サービスを代替しようとする潮流が世界的に進んできております。このようなITを活用した金融産業に関わる新たなテクノロジー・サービスはFinTech(フィンテック)と呼ばれており、顧客利便性の向上や金融機関としての独自性・差別化を実現するソリューションとして、金融関係者のみならず行政機関からも注目を集めています。


 近年、本ファンドは、FinTechの領域においてイノベーション創出が期待できる独自性の高い技術・サービスを保有し、今後成長が見込まれる日本国内外の未公開企業を投資対象としており、出資者(金融機関やFinTech に関連する事業会社)と投資先企業とのオープンイノベーションを推進し、企業価値の向上をめざすファンドです。


 当行は本ファンドへの出資を通じて、有望なFinTechベンチャー企業と協業・連携し、お客さまにとって利便性が高く革新的なサービスを提供してまいります。

【「FinTechファンド」の概要】
項目 概要
名   称 FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合
目標出資総額 300億円
当行出資額 1億円
当行出資日 平成28年6月20日
投 資 対 象 FinTech領域においてイノベーション創出が期待できる独自性の高い技術・サービスを保有し、今後成長が見込まれる日本国内外の未公開企業の株式、新株予約権、新株予約権付社債等
設 立 日 平成27年12月1日
出 資 期 間 9年7ヶ月
無限責任組合員 SBIインベストメント株式会社

以上

ページの先頭へ戻る