ホーム » ニュースリリース » 「高知県観光活性化ファンド」投資1号案件 「株式会社ものべみらい」への投資決定について

一覧へ

ニュースリリース

2016年8月18日

「高知県観光活性化ファンド」投資1号案件
「株式会社ものべみらい」への投資決定について

 四国銀行(頭取 山元文明)、株式会社四銀地域経済研究所、株式会社地域経済活性化支援機構(以下  「REVIC」)、およびREVICキャピタル株式会社が共同で出資する「高知県観光活性化ファンド」は、物部川地域(南国市、香南市、香美市)において、観光と六次産業化が統合されたビジネスモデルを推進するための広域DMC※「株式会社ものべみらい」に投資を決定しましたのでお知らせ致します。

  • ※Destination Management/Marketing Companyの略。観光活性化に資するビジネスを展開しながら、特定地域において地域観光戦略の策定、マーケティング、プロモーションなどを一体的に実施する法人。

 当行は、平成27年10月8日に高知県およびREVICとの間で、「『高知県における観光による地域活性化』に関する連携協定」を締結し、同月26日には「高知県観光活性化ファンド」を設立しました。当ファンドでは、「物部川地域」をパイロット地域に設定し、関係各所と協議の上、観光を軸とした経済活性化を推進する基本戦略を策定しました。その後、基本戦略を受けて、平成28年6月30日に「物部川DMO協議会」の発足に至りました。
 今般投資する「株式会社ものべみらい」は、「物部川DMO協議会」の事務局も担いながら、域内の主要観光事業者や物部川地域の多様で質の高い農産物の6次産業化を目指す事業者等に対して、資本提携や業務提携等を行い、専門家による経営支援を実行しながら、「観光」と「6次産業化」を統合させ、地域一体となった経済活性化の実現を目指しております。
 当行では、今後も「高知県観光活性化ファンド」の取組を通じて、高知県の観光産業の発展と、産業振興および地域経済の持続的発展を支援してまいります。

 投資予定先の概要
会社名 株式会社ものべみらい
所在地 高知県南国市(予定)
代表取締役 古川 陽一郎(REVIC)
事業内容 ・物部川DMO協議会事務局の受託
・物部川流域に所在する観光及び生産・加工事業者に対する投資、経営支援・管理
・イベント・情報発信代行等の集客ソリューションの提供
・インターネットを通じた観光商品、
 地域産品・加工品のマーケティング・企画・販売 等

出資の概念図
出資の概念図

「観光」×「6次化」の概念図
「観光」×「6次化」の概念

以上

ページの先頭へ戻る