ホーム » ニュースリリース » ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関する コンソーシアムへの参加

一覧へ

ニュースリリース

2016年10月3日

ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関する
コンソーシアムへの参加

 四国銀行(頭取 山元文明)は、SBIホールディングス株式会社(代表取締役執行役員社長 北尾吉孝)、及びSBI Ripple Asia株式会社(代表取締役 沖田貴史)が事務局を務める「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」に、発足メンバーとして参加することで合意いたしましたのでお知らせいたします。

 当行では、「FinTechファンドへの出資」など、FinTechに関する様々な取り組みを加速しておりますが、近年のICT(情報通信技術)の革新的変化と顧客行動や社会生活の変化に伴う決済の24時間化・リアルタイム化や小額決済等の振込ニーズの多様化とともに、国境を越えるeコマースや日本企業のアジア進出によるボータレス化に対応するため、決済分野における新たな取り組みとして平成28年10月から本コンソーシアムに参加し、ブロックチェーン技術等を活用した新たな送金・決済サービスの検討を開始いたします。

 ブロックチェーン技術は、FinTechにおける革新的な中核技術であり、金融機関システムの安定性を向上させつつ、より柔軟で効率的なシステム構築を実現する可能性を秘めています。
当行では、本コンソーシアムへの参加メンバー銀行と共同で、活用方法、国内外為替にあたって必要となる業務に関して、技術・運用の両面での議論を重ねて参ります。

以上

【参考】ブロックチェーン技術等を使った国内外為替一元化のイメージ
イメージ画像
※RC(Ripple Connect)クラウド
「Ripple Connect」とは、FinTech分野を先導するベンチャー企業である米Ripple社が提供する次世代決済基盤です。海外送金では複数の中継銀行を経由するため、時間やコストの不確実性等が問題となっておりましたが、「Ripple Connect」では、送金側と着金側を金融機関で直結させることで送金コストの削減、取引時間の短縮を実現するとともに、プロセスの可視化が容易となります。
「Ripple Connect」は既にグローバル銀行上位50行のうちの15行に導入され、30を超える銀行が実証実験を完了しています。

ページの先頭へ戻る