ホーム » ニュースリリース » 株式会社農業総合研究所との連携協定締結

一覧へ

ニュースリリース

2017年1月25日

株式会社農業総合研究所との連携協定締結

 四国銀行(頭取 山元文明)は、株式会社農業総合研究所(代表取締役社長 及川智正)と地域の農業関連事業者の事業展開に寄与することを目的に、連携協力に関する協定を締結しましたのでお知らせいたします。
 株式会社農業総合研究所は、「持続可能な農産業を実現し、生活者を豊かにする」ことをビジョンに掲げ、都市部を中心としたスーパーマーケット内に農家の直売所コーナー「農家の直売所」を展開しています。
 同社の運営する「農家の直売所」は、全国に配置された集荷場を起点に生産者とスーパーマーケットを直接つなぐ都市型農産物流通プラットフォームです。登録生産者は、生産品目・数量・価格を自由に決めることで収入の増加や販路の拡大に繋げ、スーパーマーケットは、生産者から届く新鮮な生産物を取り扱うことで店舗の集客力のアップに繋げています。
 今回の協定締結により、農業・アグリビジネスに関する情報共有を深め、農業関連事業者の事業展開の支援を強化してまいります。
 当行は今後とも、お客さまの事業の成長を後押しするとともに、農業分野における地域経済の持続的発展に貢献してまいります。

企業概要
企業名 株式会社農業総合研究所
本社住所 和歌山県和歌山市黒田17番地4
設立年月 平成19年10月
資本金 1億9,900万円(東証マザーズ上場:3541)
事業内容 農家の直売所事業、農産物流通販売事業、農業コンサルティング事業
登録生産者数 約6,000名
販売拠点 全国スーパーマーケット等 約800店舗

以上

ページの先頭へ戻る