ホーム » ニュースリリース » 高知大学との遺言による寄附に対する協力に関する協定締結

一覧へ

ニュースリリース

2017年2月13日

高知大学との遺言による寄附に対する協力に関する協定締結

 四国銀行(頭取 山元文明)は、このたび国立大学法人高知大学(以下高知大学)と遺言による寄附(以下遺贈)に関する協定を締結いたしましたのでお知らせします。
 今回の提携は、高知大学へ財産の寄附を希望されるお客さまの遺贈手続きを、当行が必要に応じて税理士等の専門家とも連携しながらサポートするものです。遺贈された財産は、同大学の理念である『地域社会及び国際社会に貢献しうる人材育成と学問、研究の充実・発展を推進する』ための事業に役立てられます。
 当行は今後とも、こうした相続への関心の高まりや地域の金融ニーズにお応えするなど、銀行業務を通じて健全な地域社会の維持・発展を推進してまいります。

 
1.提携内容 高知大学へ財産の寄附を申し出られたお客さまに対し、その申し出が遺言に関する場合は当行が遺言等に関して誠意をもって情報を提供します。また、必要に応じて税理士等の専門家や信託会社などの外部提携機関をご紹介し、お客さまの相続手続きをサポートします。
2.締結日 平成29年2月13日
3.その他 高知大学に遺贈された財産や、相続税の申告期限までにご遺族の方が寄附された財産には相続税がかかりません。

以上

ページの先頭へ戻る