ホーム » ニュースリリース » READYFOR株式会社との連携 「高知県宿毛市が誇る 歴史的建造物の再生プロジェクト」の資金募集開始

一覧へ

ニュースリリース

2017年12月5日

READYFOR株式会社との連携
「高知県宿毛市が誇る
歴史的建造物の再生プロジェクト」の資金募集開始

 四国銀行(頭取 山元文明)は、業務提携先のREADYFOR株式会社と連携し、クラウドファンディング(本件は、自治体が事業者となるガバメントクラウドファンディング)を活用した宿毛市のプロジェクト資金募集をサポートしましたので、お知らせいたします。
 本プロジェクトは、四国の西南南端に位置する高知県宿毛市の歴史的建造物「林邸」を改修し、地域のコミュニティーの場として活用することで地域活性化を図っていくことを目的とした取組みです。
 当行は今後も、クラウドファンディングの手法を活用し、地域の魅力向上や地域資源を活用した新商品・新サービスの開発に取り組む事業者の皆さまを、積極的にサポートいたします。

1.プロジェクトの概要
名称 築128年。高知・宿毛が誇る‶林邸″を、街のシンボルとして再生へ
実行者 高知県宿毛市(市長 中平 富宏)
取扱者 READYFOR株式会社(レディーフォー)
内容 本プロジェクトでは、宿毛市にある名家の林家が建てた邸宅を改修し、人々が集まる場にすることで地域活性化に繋げることを目的としています 。
高知県では平成29年3月より、大政奉還や明治維新から150年を記念し、林邸を含む県内各地の様々な施設が「志国高知幕末維新博」の会場となり、貴重な歴史資料を展示しています。林邸の改修を地域活性化の活動の一つとし、宿毛市の魅力を多くの方々に伝えてまいります。
支援募集金額(目標) 1,000,000円
申込単位 5,000円、10,000円、30,000円、50,000円、100,000円、300,000円、500,000円
募集受付期間 平成29年12月4日~平成30年1月31日
申込方法 READYFOR株式会社のWEBサービス「Readyfor」よりお申込ください。
本件プロジェクトURL https://readyfor.jp/projects/sukumo
リターン 主な特典:サンクスレター、寄附金受領証明書、完成した林邸に名前を掲載
※申込金額によってリターンは異なります。詳細は上記サイトよりご確認ください。

2.「林邸」について
 林邸は、三代続けて国務大臣を輩出した名家の「林有造」が建てた邸宅で、約630坪という広大な敷地に25部屋の和風座敷をもつ木造二階建ての建物です。全国的にも貴重な「近代様式」の建物ですが、築128年ということもあり老朽化が進んでいます。平成30年にリニューアルオープンを予定しており、改修後は単なる観賞用の文化財ではなく、定期的に催しを企画し、カフェや物販コーナーを設けるほか、郷土料理教室も開催できる施設として活用します。
  イメージ
 イメージ

3.当行がこれまでに取り組んだ購入型クラウドファンディングの事例
【READYFOR株式会社(サービス名:Readyfor)】
  • 「どぶろく特区」三原村のブランドを次世代へつなぐプロジェクトの支援(高知県幡多郡三原村)
  • 田んぼアートで棚田の存続支援プロジェクト(高知県長岡郡本山町)
  • 地元よさこいチーム守るプロジェクト(高知県安芸郡東洋町)
  • 温泉施設を改修し、地域の存続に繋げるプロジェクト(高知県安芸市)
  • 築128年。高知・宿毛が誇る‶林邸″を、街のシンボルとして再生へ(高知県宿毛市):本件

【株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング(プラットフォーム名:Makuake)】
  • パウダードレッシングNEWフレーバープロジェクト(高知県四万十市)
  • 絶品生しらすプロジェクト(高知県安芸市)
【ミュージックセキュリティーズ株式会社】
  • 米焼酎「天空の郷」の製造・販売プロジェクト(高知県長岡郡本山町)
  • しまんと地栗の生産プロジェクト(高知県高岡郡四万十町)

4.クラウドファンディングとは
クラウドファンディングとは、プロジェクト実行者(事業者)がインターネット上に取り組む事業を掲載し、賛同してくれるサポーター(資金提供者)を募ります。資金募集後、プロジェクト実行者は、サポーターに対して商品やサービスをお返しする仕組みです。

以上

ページの先頭へ戻る