ホーム » 企業・IR情報 » 四国銀行のあゆみ

四国銀行のあゆみ

明治

11年10月
創業(第37国立銀行設立)
11年11月
第127国立銀行設立
29年 2月
第37国立銀行、高知第37国立銀行と改称
29年 9月
高知第37国立銀行、第127国立銀行合併
高知第37国立銀行 (資本金40万円)

第三十七国立銀行券

第三十七国立銀行券
(8.7cm×17.6cm 表・裏)
30年 3月
(株)高知銀行として営業を継続(資本金80万円)
43年 4月
(株)土佐銀行と交代して高知市金庫取扱開始

大正

4年 3月
高知県金庫取扱開始
5年 5月
本店を現在地に新築移転
8年 2月
(株)土佐貯金銀行を合併(資本金300万円)
12年11月
(株)土佐銀行を合併、商号を株式会社四国銀行と改称 (資本金1,080万円)
15年 6月
(株)関西銀行を合併(資本金1,200万円)
関西銀行本店を四国銀行徳島支店とする
その他徳島県内店舗21ヵ所他を継承

土佐国高知藩鯨札

昭和

5年 3月
(株)高陽銀行を合併(資本金1,229万5千円)
19年 9月
(株)土豫銀行を買収
20年 4月
(株)土佐貯蓄銀行を合併 (資本金1,275万円)
25年 2月
高知信用組合の営業譲受
27年 9月
総預金残高100億円を突破
34年10月
外貨両替業務開始
35年 6月
乙種外国為替銀行業務開始
38年 4月
本店竣工(現在地)
40年10月
総預金残高1,000億円を突破
46年10月
電子計算機始動
48年 4月
東京、大阪両証券取引所市場第2部上場
49年 2月
東京、大阪両証券取引所市場第1部上場
49年 4月
オンラインスタート
50年 9月
総預金残高5,000億円突破
52年 1月
海外コルレス業務開始
53年10月
創業100周年を迎える(資本金63億円)
57年 8月
海外コルレス包括承認取得
57年 9月
総預金残高1兆円突破
59年10月
資本金84億円
60年 6月
ディーリング業務開始
61年 8月
高知ネットサービス(CD地域提携)スタート
63年10月
創業110周年を迎える

平成

元年12月
資本金150億円
2年 1月
「第3次オンラインシステム」稼動
2年12月
サンデーバンキング開始
6年 1月
信託代理業務開始
6年11月
総預金残高2兆円突破
7年 4月
信託業務開始
7年12月
資本金250億円
8年 8月
ローン・センター設置
9年 2月
インターネット・ホームページ開設
9年 6月
南国事務センター竣工
10年10月
創業120周年を迎える
10年12月
証券投資信託の窓口販売業務開始
11年 3月
テレマーケティング開始
11年 8月
ローンプラザ設置
13年 4月
損害保険窓口販売開始
13年 5月
宝くじ(数字選択式)サービス開始
13年10月
ローンプラザ日曜営業開始
14年10月
生命保険窓口販売開始
16年 1月
ベンチャーファンド設立
18年 1月
インターネットバンキング(個人向け)
モバイルバンキング サービス開始
19年 6月
証券仲介業務開始
20年 6月
執行役員制度の導入
20年10月
創業130周年を迎える
20年10月
コンビニATMサービスの開始
20年11月
四国の地銀4行によるATMの相互無料開放サービスの開始
23年 1月
基幹系システムをNTTデータ地銀共同センターへ移行
23年 4月
四銀代理店(株)の業務開始
24年 9月
本部機能を一部南国事務センターへ移転(BCP対策)
25年 4月
セブン銀行とのATM利用提携開始
25年 7月
業務集中部新設
25年 11月
インターネット専用支店「龍馬支店」新設
28年 4月
本部の営業体制を3部体制に再編(お客さまサポート部を廃止し、法人サポート部、個人サポート部を新設)
28年 11月
四国の地銀4行による四国アライアンスの締結
29年 1月
個人型確定拠出年金(iDeCo)取扱開始
29年 3月
地域振興部新設
29年 3月
四国銀行アプリ取扱い開始

ページの先頭へ戻る