ホーム » 企業・IR情報 » 外国為替取引に関する基本方針

外国為替取引に関する基本方針

 株式会社四国銀行(以下、「当行」といいます。)は適切に外国為替取引業務を行うため、グローバル外為行動規範を遵守することを表明し、「外国為替取引に関する基本方針」(以下、「本方針」といいます。)を策定し、ここに公表いたします。
 なお、本方針は、外国為替取引に適用される法律・法令や規則等およびお客さまとの個別の契約等に優先するものではありません。

1.外国為替取引におけるお客さまと当行の関係

  1. 当行は、お客さまとの外国為替取引においては、原則として、自己の勘定で取引の当事者(プリンシパル)として行動します。よって当行は、お客さまの代理人、受託者もしくは金融アドバイザーまたはそれらに類似する立場としてはお取引いたしません。
  2. 当行が外国為替取引を執行するにあたり、当行およびお客さまの利益が相反する可能性があります。当行は外国為替取引に関して、誠実に業務を履行し、また、外国為替市場に適用されるあらゆる法律、規則、および規制を理解し遵守します。

2.当行からの情報提供

  1. 当行から提供する市場動向や見通しに関する情報は、情報提供のみを目的とするものであり、特定の取引を勧誘するものではありません。また、当行は、信頼に足ると判断した情報に基づき情報提供を行いますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。
  2. また、取引に関する最終決定は、お客さまご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。

3.取引執行

  1. 当行は、お客さまのオーダーに関して、誠実性、透明性および公平性をもって取扱うよう努めます。
  2. 当行がお客さまからお預かりしたオーダーに関して、オーダーの執行方法について、当行は合理的な裁量を有します。
  3. 当行がお客さまのオーダーの執行(一部又は全てを問わず)が完了したと判断したことをもって取引約定となり、マーケットリスクは、取引約定のタイミングでお客さまに移転されます。
  4. 市場実勢の価格がお客さまのオーダー水準に達したとしても、手数料(マークアップ)を含んだ価格では到達していない等、オーダーが執行されない場合があります。
  5. 当行は、当行自身の判断で、リスクが過大である、マーケットの機能を阻害または歪める可能性等があるオーダーをお断りすることがあります。その場合、執行しなかった理由を開示する義務を負いません

4.取引価格

  1. 当行は、お客さまとの外国為替取引にあたり公正かつ適切に取引価格を提示するように努めます。
  2. 当行が提示する取引価格は、様々な情報や需給・流動性・イベント・指標等を参照のうえ、総合的な判断により決定されます。同じまたは類似の取引でも、異なる取引価格を提示することがあります。なお、当行は取引から得る利益や取引価格の内訳を開示する義務を負いません。
  3. 当行がお客さまとの外国為替取引にあたり提示する取引価格には、当行の取引執行に係るコストや各種リスクに対する対価、スプレッドおよび手数料(マークアップ)が含まれます。

5.情報の取扱い

  1. 当行は、お客さまとの外国為替取引で取得した情報を適切に取扱うため、法律や規則、管理ルール等を遵守します。但し、監督当局等に対する義務の一環として、監督当局等からの要請により、お客さまの情報を開示することがあります。
  2. また、お客さまとの取引に関する情報を合算、匿名化、一般化したうえで分析し、当行内外で共有することがあります。

6.本方針の改定

本方針は、外国為替市場に適用される法律、規則および規制や当行を取り巻く環境の変化等に鑑みて、改定される可能性があります。本方針が改定された場合には、当行のホームページへ掲載することによりその旨を通知します。

ページの先頭へ戻る