ホーム » お知らせ » 改元および10連休にかかる各種対応について

改元および10連休にかかる各種対応について

 平素は格別のお引き立てをいただき、厚くお礼申し上げます。
 今般、2019年5月1日(水)に改元、同日が祝日になることにより、4月27日(土)から5月6日(月)にかけて10連休となります。
 弊行においても、お客さまに極力ご不便をおかけすることがないよう準備を進めておりますが、一部のお取引において、お客さまにお手数をおかけする場合がございます。
 つきましては、今般の改元・10連休に伴う主な対応や、お客さまへの依頼事項等について、下記のとおりご案内いたしますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

(1)10連休中の本支店およびATMの営業について

本支店の窓口営業は休業させていただきます

ローンプラザ本店、ローンプラザ薊野、ほけんプラザ薊野は、10連休中は4月27日(土)、28日(日)のみ営業いたします

※それぞれローンのご相談、保険のご相談をお受けしておりますが、入出金、お振込、税金・公共料金払込等の一般窓口業務はお取り扱いしておりません。
なお、ご相談につきましては事前予約のお客さまを優先しておりますので、ご来店いただく前のご確認をお願いいたします。

5月4日(土)、5日(日)、6日(月)の3日間、事業性融資に関する電話相談窓口を設置いたします

  • 電話相談窓口
    電話番号:0120-459-659(フリーダイヤル)
    受付時間:10:00~17:00
    受付内容:事業性融資に関するご相談

当行ATM(一部を除く)、コンビニATMともにご利用いただけます

  • 高知県・徳島県内の当行ATMは、通常どおりご利用いただけます。
  • 愛媛県・香川県・本州地区の当行ATMにつきましては、土曜・日曜・祝日休業のATMがございます。詳細は当行ホームページをご確認ください。
  • コンビニATMは通常どおりご利用いただけます。

(2)改元に関するご案内について

「平成」表記の帳票・書式はそのままご使用いただけます

  • そのままご使用される場合には「平成31年」とご記入ください。
    例:平成31年5月7日
  • 新元号に訂正される場合は「平成」に二重線を引き、新元号をご記入ください。
    なお、訂正印は不要です。

    新元号訂正イメージ

「平成」表記の手形・小切手は、改元後もご使用いただけます

  • 振出日・支払日を問わず、「平成31年」「(新元号)元年」「(新元号)1年」のいずれの表記もご使用可能です。
    なお、旧元号を訂正いただく場合も訂正印は不要です。
  • 新元号の手形・小切手帳の発行については一定のお時間をいただきます。
    大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

(3)10連休に関するご留意事項

各種お手続きやお知らせ文書の到着には、通常よりお時間を要しますのでご了承ください

  • 10連休前にお申込みいただいた各種お取引について、ご利用可能となるまでにお時間を要する場合がございます。
  • 月初にお送りしていた各種お知らせ文書の一部の到着が通常より遅くなる場合がございます。

各種お取引について早期のお持込みにご協力をお願いいたします

  • 10連休前後は、店頭の混雑や各種お手続きの集中が予想されます。
    お手続きの完了までに通常よりもお時間を要する場合がありますので、できる限り日数に余裕をもってお手続きいただきますようお願いいたします。
    例:お振込の集中により受取人さまへのご入金時間が通常より遅くなる可能性がございます。
  • 連休前後を指定日とする総合振込・給与振込、口座振替等につきましては、お客さまの各種データ持込・送信期限が通常月より大幅に早くなりますのでご注意ください。
    持込・送信期限につきましてはこちらをご確認ください。PDF

10連休中に満期日や返済日等が到来するお取引は、休日調整をさせていただく場合がございます

  • 各種契約書の条文や規定等の定めに基づき、引落日や満期日や返済日等は4月26日(金)または5月7日(火)へと休日調整を実施させていただきます。これにより、あらかじめ予定されていたお利息・保証料等が、実際と異なる場合がございます。

以上

ページの先頭へ戻る