ホーム » お知らせ » 改元にかかる各種対応について

改元にかかる各種対応について

 平素は格別のお引き立てをいただき、厚くお礼申し上げます。
 2019年5月1日より新元号「令和」に改元が実施されました。お客さまに極力ご不便をおかけすることがないよう準備を進めておりますが、一部のお取引において、お客さまにお手数をおかけする場合がございます。
 改元に伴う主な対応や、お客さまへの依頼事項等について、下記のとおりご案内いたしますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

改元に関するご案内について

「平成」表記の帳票・書式はそのままご使用いただけます

  • そのままご使用される場合には「平成31年」とご記入ください。
    例:平成31年5月7日
  • 新元号に訂正される場合は「平成」に二重線を引き、新元号をご記入ください。
    なお、訂正印は不要です。

    新元号訂正イメージ

  • 新元号の帳票をご用意するまで、一定のお時間をいただきます。
    大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

「平成」表記の手形・小切手は、改元後もご使用いただけます

  • 振出日・支払日を問わず、「平成31年」「(新元号)元年」「(新元号)1年」のいずれの表記もご使用可能です。
  • 新元号に訂正される場合は「平成」に二重線を引き、新元号をご記入ください。
    なお、訂正印は不要です。
  • 新元号の手形・小切手帳の発行については、一定のお時間をいただきます。
    当面の間は「平成」表記の手形・小切手帳を発行させていただくこととなります。
    大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

以上

ページの先頭へ戻る