ホーム » ニュースリリース » 返済期間最長「40年」の住宅ローン取扱い開始について~20才代・30才代のマイホーム計画を応援します!~

一覧へ

ニュースリリース

2016年1月22日

返済期間最長「40年」の住宅ローン取扱い開始について
~20才代・30才代のマイホーム計画を応援します!~

 四国銀行(頭取 野村直史)は、平成28年2月1日(月)から、住宅ローンの商品性を強化し、返済期間が最長40年の住宅ローンの取扱いを開始いたします。
 返済期間(最長)をこれまでの35年以内から40年以内に延長することで、毎月の返済負担額が軽減され、ゆとりのある返済が可能となります。住宅の新築・購入はもちろん、中古住宅の購入資金、リフォームの資金、他金融機関からのお借り換えなど、お客さまの幅広い資金ニーズにお応えいたします。
 当行は、お客さまの多様なニーズにお応えするため、今後も金融サービスの充実を図ってまいります。

1.取扱開始日

平成28年2月1日(月)
※ 平成28年2月1日新規お申込み分から適用となります。

2.対象商品

・ ツインプラン
・ ツインプラン100

 

以上

ページの先頭へ戻る