ホーム » ニュースリリース » 自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」の新サービス「オフィシャルアカウント」の開設

一覧へ

ニュースリリース

2016年6月24日

自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」の新サービス
「オフィシャルアカウント」の開設

 四国銀行(頭取 山元文明)は、株式会社マネーフォワード(代表取締役社長CEO辻庸介)が提供する自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」における新たな金融機関向けのマーケティングソリューション「マネーフォワード オフィシャルアカウント」を開設いたしますので、下記のとおりお知らせいたします。

1.自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」の概要

「マネーフォワード」はスマートフォンアプリやウェブから利用できる、個人向け自動家計簿・資産管理サービスです。銀行、クレジットカードなどの金融関連サービスと連携することで、自動的に家計簿を記録するので、「銀行にいくら預けているのか」「今月の支払いはいくらあるのか」といった情報もすぐに分かる、これまでの家計簿の概念を大きく変えた画期的サービスです。サービス開始から約4年で利用者数350万人を超える人気サービスとなっています。

イメージ図

2.マネーフォワード オフィシャルアカウントの概要
(1)
「マネーフォワード」を利用されており、当行のインターネットバンキングと連携していただいているお客さまに対して、マネーフォワード上で当行の情報を提供したり、当行のウェブサイトやインターネットバンキングにシームレスに連携したりすることで利便性を高めます。
(2)
個人のお客さまがスマートフォンなどを利用して情報収集や金融機関との取引を行う「モバイルシフト」が急速に進んでいます。当行はこれまでもバーチャル支店「龍馬支店」を開設し、Facebook等のソーシャルメディアを活用した情報提供を行ってきました。今後、「マネーフォワード オフィシャルアカウント」を活用して、さらに幅広いお客さまとのコミュニケーション強化に取り組んでいきます。
3.株式会社マネーフォワードの概要
会社概要 2012年5月の設立以来、自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」や、確定申告・会計・請求書・給与・マイナンバー・経費などバックオフィス業務に特化したビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」など、お金に関するプラットフォームを開発・提供しています。昨年7月にはFintechに関する調査研究を行う「マネーフォワードFintech研究所」を設立するなど、国内Fintechを牽引する代表格のベンチャー企業です。
代表者 辻 庸介(代表取締役社長 CEO)
事業内容 インターネットサービス開発(個人向け自動家計簿・資産管理サービス、ビジネス向けクラウドサービス)
ホームページアドレス http://corp.moneyforward.com

以上

ページの先頭へ戻る