ホーム » ニュースリリース » 一部店舗における窓口営業時間の変更

一覧へ

ニュースリリース

2019年7月30日

一部店舗における窓口営業時間の変更

 四国銀行(頭取 山元文明)は、2019年10月1日(火)より、一部店舗において窓口営業時間を変更しますのでお知らせいたします。

 当行では、本年4月より新たな中期経営計画をスタートさせ、「四銀の新しいビジネスモデルを確立するために、変わる!挑戦する!」ことをテーマに、ビジョンである「真っ先に相談され、地域の発展に貢献するベスト リライアブル・バンク」の実現に向けた様々な施策に取り組んでおります。
 このたび、中期経営計画における店舗戦略の一環として、少人数店舗における効率的な店舗運営を図るとともに、行職員全員でお客さまをお出迎えする体制を整え、サービスの質を向上させることを目的に、昼休み(窓口休業時間)を導入します。
 また、かづらしま支店では、お客さまの利便性向上を図るため、窓口営業時間を延長します。

 なお、今後の店舗戦略として、窓口の待ち時間短縮を実現するクイック窓口の導入や、お客さまをおもてなしし、ゆっくりとご相談いただける次世代型店舗の展開を予定しております。

1.窓口営業時間を変更する店舗
  • (1)昼休み(窓口休業時間)を導入する店舗
    支 店:中央市場支店、かづらしま支店、枝川支店、本山支店、佐川支店、越知支店、 弘岡支店、田野支店、室戸支店、甲浦支店、徳島中央市場支店、マリンピア支店、八幡浜支店
    代理店:春野代理店、久礼代理店、宇佐代理店、美良布代理店、大栃代理店、思地代理店、東津野代理店、大田口代理店、入野代理店
    • 上記店舗における取扱業務の変更はございません。
      また、ATMコーナーは窓口休業時間中もご利用いただけます。

  • (2)窓口営業時間を延長する店舗
    支 店:かづらしま支店
    • 延長時間(平日15:00~17:00)中は、税公金の収納および文書振込など、一部お取り扱いできない業務がございます。

2.実施日
2019年10月1日(火)

3.窓口営業時間
(1)昼休み(窓口休業時間)を導入する店舗  
変更前変更後
平日 9:00~15:00 平日 9:00~11:30、12:30~15:00
※ 11:30~12:30は窓口営業を休業します。
  • ATMコーナーは窓口休業時間中もご利用いただけます。

(2)窓口営業時間を延長する店舗  
変更前変更後
平日 9:00~15:00 平日 9:00~11:30、12:30~17:00
※ 11:30~12:30は窓口営業を休業し、
併せて営業終了時刻を2時間繰り下げます。
  • ATMコーナーは窓口休業時間中もご利用いただけます。

以上

<ご参考:四国銀行 次世代型店舗の概要>
 四国銀行では、これからの店舗の在り方として、「The Bridge of Lifetime Finance(人生における金融の架け橋になる)」を目指し、次世代型店舗を2020年度から、順次導入することを予定しております。
 具体的には、主な店舗のパターンを、全ての銀行業務を総合的に取り扱う「フルバンキング型」と、個人のお客さまの相談業務を中心とした「個人コンサルティング型」の2つに分けて展開してまいります。
 いずれの店舗も、店舗の役割として、これまでの「主に金融に関する事務を行う場所」から、「お客さまをおもてなしし、ゆっくりご相談いただける場所」への変革を目指して、銀行店舗のウイークポイントであった待ち時間の長さなどを改善するとともに、お客さまにリラックスしていただき、お客さまの課題解決につながるコミュニケーションを創造できる店舗を創り上げていきたいと考えております。

~次世代店舗の主な特徴~

【総合受付の設置】
ご来店いただいたお客さまには、まず入り口の一番近いところにある総合受付で、お待たせすることなくご用件をお伺いし、担当ブースにご案内いたします。

【クイック窓口の導入】
これまで、一部の店舗では、混雑する時間帯や月末などの特定の日には、お客さまを長時間お待たせすることがございましたが、カウンターに専用端末を併設した「クイック窓口」を順次導入し、税公金の納付や振込などの一部の手続きを専用端末で行うことにより、お届け印のご持参や書類の記入が不要になるなど、従来よりもスピーディな対応を可能にいたします。
なお、「クイック窓口」につきましては、次世代型店舗に限らず、2019年度後半から、既存店舗にも順次導入を進めてまいります。

【ソファスペース・コミュニケーションブースの設置】
資産運用や各種ローンのご相談などにつきましては、ソファスペースやコミュニケーションブースで専門の担当者がお話をお伺いいたします。
リラックスした雰囲気のソファ型や、落ち着いた雰囲気のブース方式のコミュニケーションスペースで、お客さまのご要望に合わせて、お気軽に、ゆっくりとご相談いただけます。

【外観やインテリアの特徴】
外観やインテリアにつきましては、高知県および四国の地域環境に根差した金融機関でありたい、というコンセプトに基づくデザインとし、表現しています。

□ 南国土佐のすこやかで、
 強い日差し
おおらかな庇で心地よい陰をつくります
□ 南国の豊かで、きびしい自然台風に耐える土佐漆喰を外壁の一部に取り入れるなど、自然との共存を表現しています
□ 黒潮と大空がであう場所メインカラーである四国銀行ブルーを内外装に取り込み、海や空を表現しています

ページの先頭へ戻る