ホーム » ニュースリリース » 「学び応援債~未来への絆~」引受株式会社 パシフィックシステム 銀行保証付私募債

一覧へ

ニュースリリース

2019年11月19日

「学び応援債~未来への絆~」引受
株式会社 パシフィックシステム 銀行保証付私募債

 四国銀行(頭取 山元文明)は、株式会社パシフィックシステム(代表取締役 小松広行)が発行する銀行保証付私募債「学び応援債~未来への絆~」を引き受けましたのでお知らせします。本商品は、当行が私募債発行企業から受取る手数料の一部で、図書やスポーツ用品等、こどもたちの成長に資する物品を購入し、地域の教育機関に寄贈するものです。この取組みは、国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」の趣旨に賛同するものであり、このたび発行企業さまの希望する教育機関へ寄贈を行いました。
 当行は、本商品を通じて地域の未来を担うこどもたちを応援するとともに、SDGs達成に向けて主体的に取り組むことにより、持続可能な地域社会の実現に貢献してまいります。

1.銀行保証付私募債「学び応援債」の概要
銘柄 株式会社パシフィックシステム
第1回無担保社債(株式会社四国銀行保証付)
発行額 50百万円
発行日 2018年10月25日 期間 4年 資金使途 事業資金(運転資金)
引受銀行 株式会社四国銀行
寄贈先 四万十市立中村小学校
寄贈品 防滴型ワイヤレスアンプ
2.発行企業の概要
企業名 株式会社パシフィックシステム 代表者 小松広行
住所 高知県宿毛市幸町5-12 設立 1997年4月14日
業種 受託開発ソフトウェア業 資本金 32百万円

以上

授与の様子 記念撮影

(※)SDGsとは

  • Sustainable Development Goalsの略。
    「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、17の目標(ゴール)・169のターゲットから構成される「持続可能な開発目標」のこと。
    2030年までの達成を目指して、国・企業等がSDGsを踏まえた様々な取組みを行う。

SDGs目標イメージ

ページの先頭へ戻る