ホーム » ニュースリリース » 女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定を取得しました

一覧へ

ニュースリリース

2020年6月25日

女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定を取得しました

 四国銀行(頭取 山元文明)は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づき、女性の活躍推進に関する取組み状況が優良な企業として、2020年4月22日付で厚生労働大臣の認定「えるぼし(二つ星)」を取得しましたので、お知らせいたします。
 当行は、女性の活躍推進への取組みを通じて、多様な人財がやりがい・働きがいを感じ、その個性と能力を十分に発揮し活躍できる社会の実現を目指すSDGsの目標達成に貢献してまいります。

〇えるぼし認定とは
厚生労働省が「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づき、一定の基準を満たし、
女性の活躍推進に関する状況などが優良な企業を認定する制度。
「採用」「就業継続」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」の5項目に
基づいて取組み実績を評価。

〇交付式の様子
2020年6月22日に高知労働局長より認定通知書を拝受しました。

認定通知書拝受【えるぼし認定マーク】
えるぼし

〇当行の女性活躍推進への取組み
1. 採用
  • 性別に関係なく、人物重視の採用活動
2. 継続就業
  • 仕事と家庭の両立に向けたサポートBOOK作成や男性向け育児セミナーの開催
  • 短時間勤務制度の対象要件拡充
    ・育児だけでなく家族の介護や本人の難病治療等で利用可能。なお、
    育児の場合、子どもが「小学校就学まで」から「小学3年生修了まで」へ対象期間を拡大。
3. 労働時間等の働き方
  • 勤務間インターバルの導入、毎週水曜日の早帰り徹底
4. 管理職への登用
  • 行外の女性キャリア研修へ行員派遣
  • 女性支店長の登用や本部審査・企画部門等への積極的な女性配置
5. 多様なキャリアコース
  • 退職した従業員の復職制度(リターンワーク制度)の応募要件緩和
    結婚や出産、転職など何らかの理由により一度退職した行員・嘱託が「年齢・退職理由・勤続年数・経過年数」を問わず応募できるように
    制度改定を実施
  • コース転換制度
    結婚・介護等の理由やキャリアアップを目指す行員に応じてコース
    転換可能

(※)SDGsとは

  • Sustainable Development Goalsの略。
    「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、17の目標(ゴール)・169のターゲットから構成される「持続可能な開発目標」のこと。
    2030年までの達成を目指して、国・企業等がSDGsを踏まえた様々な取組みを行う。

SDGs目標イメージ

以上

ページの先頭へ戻る