ホーム » 企業・IR情報 » マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に係る基本方針

マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に係る基本方針

当行およびグループ会社(以下「当行」)は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策(以下「マネロン・テロ資金供与対策」)が国際的に要請されている重要な課題であると認識し、以下の方針を定め、マネロン・テロ資金供与対策に取り組みます。

1.運営方針

当行取締役会は、経営の重要課題の一つとしてマネロン・テロ資金供与対策に取り組みます。

2.組織態勢

当行は、マネロン・テロ資金供与対策の責任者及び統括部署を定めて一元的な管理態勢を構築します。

3.顧客管理

当行は、マネロン・テロ資金供与対策に関して、リスクベース・アプローチに基づいた顧客管理を継続的に実施します。

4.疑わしい取引の届出

当行は、ITシステム等を活用した日常的な取引状況モニタリングの結果、検知した疑わしい取引等について遅滞なく当局に届け出ます。

5.コルレス先の管理

当行は、コルレス先の情報を収集し、適切な評価を行い、そのリスクに応じた適切な対応策を実施します。また、営業実態のない架空銀行(いわゆる「シェルバンク」)との関係は遮断します。

6.研修等

当行は、マネロン・テロ資金供与対策に関する役職員の知識、理解を深めるため、継続的に研修等を実施します。

7.監査

当行は、マネロン・テロ資金供与対策の状況について定期的に内部監査を実施し、態勢のさらなる改善に努めます。

ページの先頭へ戻る