TOP ライフ アオイ「ぬか漬け始めます!」~ホームエピソード001~

ライフ ライフ

シコク家のジケンです!おうち時間編

アオイ「ぬか漬け始めます!」~ホームエピソード001~

2020/5/11


シコク家のジケンです!おうち時間編

~今回のシコク家の登場人物~ 
(シコク家一家はこんな家族です)


アオイシコク アオイ(25)私

1994年・平成6年8月生まれ
大学卒業後、地元企業に就職。まん中っ子で、独立心が強く自由主義で、一人暮らしを計画中。
手取りはそこそこあるが、いろいろなことに興味があり交友関係も広いため、お金はあるだけ使ってしまうタイプ。

母アユミシコク アユミ(53)母

1966年・昭和41年6月生まれ アオイの母
地元の企業でフルタイムで働く正社員。子育てが終わり、ほっと一息。
趣味のお菓子づくりが高じ、いずれは小さな店を持ちたいと願っている。行動派で実行に移すタイプ。

スミコシコク スミコ(75)祖母

1944年・昭和19年4月生まれ アオイの祖母
明るく社交的。趣味は絵手紙と家庭菜園。悠々自適な年金生活。

アオイ、ぬか漬け始めます!

私(アオイ)
「最近、ぬか漬け流行ってるね」

アユミ(母)
「そうみたいね。若い人にも人気なんでしょ?」

私(アオイ)
「お母さん、どう?やってみたくない?」

アユミ(母)
「毎日かき混ぜるって、忘れそう...」

私(アオイ)
「私、やってみようかな。ちょっと、何か育てたい気分なんだ」

スミコ(祖母)
「私も昔は漬けてたわ」

私(アオイ)
「おばあちゃん!そうか、おばあちゃんに教えてもらったらいいね」

スミコ(祖母)
「最初からおいしくできないかもしれないけど、だんだん味がなじんでくるもんだからね」

私(アオイ)
「そうだよね。おばあちゃん、一緒に育てよう!」

アユミ(母)
「あら、楽しみ!お父さんもおじいちゃんも喜ぶわよ」

私(アオイ)
「毎日の日課ができるってのもいいわね!よし、頑張るぞ!」

「ぬか漬けは免疫力アップに効果あり!」

おうち時間編_ぬか漬け

■発酵の力で健康に!

ぬか漬けは、米ぬか・塩・水を混ぜたぬか床に、季節の野菜を漬けて作る漬け物のこと。米ぬかには、ビタミンをはじめ、カルシウムや鉄分などたくさんの栄養素が含まれていて、野菜の栄養も合わせると、一度にたくさんの栄養を摂ることができるうれしい食品です。

ごはんにもお酒にも合うあと引くおいしさは、植物性乳酸菌による発酵の賜物。乳酸菌は、自然や野菜に付着しているもので、ぬか床に住み着いて増えていきます。乳酸菌が野菜に含まれるタンパク質やデンプンを分解してアミノ酸や糖に変え、これが甘味・旨味・酸味となり、生の野菜とは異なる風味やおいしさが生まれるのです。

ぬか漬けの乳酸菌は、腸で生きる力が強いのが特長です。しっかりと悪玉菌と闘って、腸内環境を整えてくれます。腸はとても重要な器官で、腸内細菌のバランスが乱れると、免疫力が低下することが知られています。ぬか漬けをおいしく食べて、腸を活性化し、免疫力をアップしましょう!

ぬか漬けの作り方

【用意するもの】
米ぬか:1㎏
水:1ℓ
粗塩:130g
捨て漬け用の野菜(キャベツの外葉、にんじんのヘタ、大根の葉など):適宜
だし昆布(5㎝角):3枚
赤唐辛子:2~3本
かつお節:8g

おうち時間編_ぬか漬け

1. ぬか床を作る
ボウルに米ぬかを入れ、塩を加えて混ぜる。
水900mlを加えて混ぜ、手で握るようにしてなじませる。
べチャッとならないよう、硬さを確認しながら残りの水を加える。

home_mukaduke03.jpg

2.風味付けをし、捨て漬け野菜を入れる
ぬか床を保存容器に移し、かつお節、唐辛子を入れ、混ぜる。
捨て漬け野菜をぬかの中に入れて表面をならし、隙間に昆布を差し込む。
手のひらで表面をギュッと押して空気を抜き、側面をキッチンペーパーで拭いてふたを閉める。

おうち時間編_ぬか漬け

3.ぬか床を熟成させる
最初の10日日は1日2回、次の10日間は1日1回、底から混ぜる。
捨て漬け野菜は4~5日ごとに入れ替える。

おうち時間編_ぬか漬け

4.本漬け
きゅうり、にんじん、なす、おくら、長芋など、野菜を水洗いし、軽く塩もみしてからぬか床に漬ける。
早く食べたい場合はカットして入れる。半日から1日で完成!

おうち時間編_ぬか漬け

ぬか床のお手入れ

毎日かき混ぜて、新鮮な空気を入れます。混ぜ終わったら表面を平らにし、ギュッと押して空気を抜くのがコツ。気温が高い時期は冷蔵庫で保存しましょう。野菜から出た水分でゆるくなったら米ぬかと塩を足します。

おいしくする一工夫

味が平坦だと感じたら、お好みの風味材料を足しましょう。みかんやゆずの皮を乾燥させたものや、干し椎茸、実山椒、生姜、ビールや日本酒などを加えても風味・旨味が増します。

シェアこの記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE