ホーム » お金をためる・ふやす » 積立投信・外貨積立 » 外貨積立

外貨積立

外貨普通預金定額自動振替サービス

特長

  • 特長1

    月々5千円から無理なく始められます。

    外貨積立 振替金額を5千円以上千円単位でご指定できますので、無理なく積み立て感覚で外貨をお預け入れいただけます。また、毎月のお預け入れにより、時間の分散を図ることができ、外国為替相場変動の影響を抑えることができます。
  • 特長2

    自動引落しで積み立てできます。

    毎月、ご指定の国内普通預金・当座預金から外貨普通預金へ自動的にお預け入れいただけます。お預け入れの都度ご来店の必要がありませんので、お手軽にご利用いただけます

  • 特長3

    お預け入れ時の為替手数料を20%割引します。

    自動振替時の為替手数料を1米ドルあたり20銭、1ユーロあたり30銭、1豪ドルあたり40銭を割引させていただきます。

  • 特長4

    「ドルコスト平均法」で平均預入単価を引き下げる効果が期待できます。

    一定の円貨額を継続してお預け入れする「外貨積立」は、円高の時には振替外貨額が多くなり、円安の時には振替外貨額が少なくなりますので、一定の外貨額を継続してお預け入れする方法と比べると平均預入単価を引き下げる効果が期待できます。

詳しい内容

ご利用いただける方 20歳以上の個人および法人のお客さま
お取引通貨 米ドル・ユーロ・オーストラリアドル(豪ドル)
振替金額
  • 毎月5千円以上、1千円単位
  • 年2回まで振替金額の増額も可能
  • 個人のお客さまの場合、1回あたりの振替金額は原則1百万円以内
振替期限 投特にお申出がない限り、振替期限はありません。書面によるお申込みにより、振替期限を設定することもできます。
  • お申出がない場合、振替期限はありません。
振替方法 お申込店のご本人名義の国内普通預金や当座預金から外貨普通預金に自動振替を行います。
振替日
  • 月1回のお客さまがご指定する日となります。
  • 振替日当日が銀行休業日の場合は、翌営業日(※)に振替を行います。
  • 翌営業日が翌月となる場合は、前営業日に振替を行います。
振替時の適用為替相場
  • 自動振替時の当行所定の電信売相場(TTS)に含まれている為替手数料を20%割引します。支払・解約時の割引はございませんのでご注意ください。
  • 当行所定の電信売相場(TTS) -(為替手数料×20%)
  • 通貨別の為替手数料は以下のとおりです。
通貨種類 通常 外貨積立
1米ドルにつき 1円 80銭
(20銭割引)
1ユーロにつき 1円50銭 1円20銭
(30銭割引)
1豪ドルにつき 2円 1円60銭
(40銭割引)
入金指定口座への入金外貨額 振替日における入金指定口座への入金外貨額は振替円貨額を振替時適用為替相場で除して算出します。
自動振替
  • 自動振替は、振替指定日の正午頃に行います。
  • 引落指定口座の残高(総合口座やカードローンの貸越は含まない)が振替金額に満たない場合は、お客さまに通知することなくその月の振替は行いません。
申込・変更・解約
  • 振替指定日の前営業日まで受付ができます。(振替指定日当日の申込内容の変更はできません)
  • 口座開設店以外でのお申込みやご変更等のお手続はできません。

ドルコスト平均法

下表のように、毎月一定の円貨額を外貨積立すると、円高時は外貨額が多く、円安時は外貨額が少なくなります。このような投資手法を「ドルコスト平均法」と言い、平均預入単価を引き下げる効果が期待できます。

1ヵ月目 2ヵ月目 3ヵ月目 4ヵ月目 5ヵ月目 6ヵ月目 合計 平均預入単価(円)
お預け入れ相場 100円 96円 95円 100円 104円 105円
円貨一定額振替 お預け入れ金額(円) 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 60,000 約99.86
振替外貨額(米ドル) 100.00 104.17 105.27 100.00 96.16 95.24 600.84
外貨一定額振替 お預け入れ金額(円) 10,000 9,600 9,500 10,000 10,400 10,500 60,000 100.00
振替外貨額(米ドル) 100.00 100.00 100.00 100.00 100.00 100.00 600.00

(注)上記は簡単な計算によるシミュレーションです。現水準での「外貨積立」を推奨するものではありません。
   お客さまへの情報提供を目的として、考え方の一例を示したものです。

外貨預金のお取引に関してご留意いただきたい事項

  • 外貨預金は、預金保険の対象ではありません。
  • 外貨預金には、為替相場の変動や為替手数料等のコストによって、円貨ベースで元本割れとなる可能性があります。
  • 円貨を外貨にする際(お預け入れ時)および外貨を円貨にする際(お引き出し時)は通貨種類毎に当行所定の為替手数料(例えば、1米ドルあたり1円)がかかります。お預け入れおよびお引き出しの際は、為替手数料分を含んだ為替相場である当行所定の【TTS】相場(お預け入れ時)、【TTB】相場(お引き出し時)をそれぞれ適用します。
    従って、為替相場の変動がない場合でも、往復の為替手数料(例えば、1米ドルあたり2円)がかかりますので、お引き出し時の円貨額がお預け入れ時の円貨額を下回るなど、元本割れが生じる可能性があります。
    <外貨積立の場合>
    円貨を外貨に自動振替する場合(お預け入れ時)は、通貨種類毎に当行所定の為替手数料から20%割引した為替手数料(例えば、1米ドルあたり通常1円のところ80銭)がかかります。外貨を円貨にする場合(お引き出し時)は、通貨種類毎に当行所定の為替手数料(例えば、1米ドルあたり1円)がかかります。 従って、為替相場の変動がない場合でも、往復の為替手数料(例えば、1米ドルあたり1円80銭)がかかりますので、お引き出し時の円貨額がお預け入れ時の円貨額を下回るなど、元本割れが生じる可能性があります。
  • 外貨普通預金の口座開設に際しては、窓口にご用意しています「契約締結前交付書面兼外貨預金等書面」により商品内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。

ページの先頭へ戻る