ホーム » ニュースリリース » 「開放特許を活用した新事業創出プロジェクト」を開始します!

一覧へ

ニュースリリース

2017年6月26日

「開放特許を活用した新事業創出プロジェクト」を開始します!

 四国銀行(頭取 山元文明)は、経済産業省四国経済産業局が主管する「平成29年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金」の採択を受け、「開放特許を活用した新事業創出プロジェクト」を開始しますのでお知らせいたします。
 開放特許とは、大企業等が特許を取得したもののうち、他者に利用してもらったほうがよいと考え、一般に開放している特許を指します。本プロジェクトでは、この開放特許と高知県内の中小企業が持つ優れた技術をマッチングすることにより、高知県内の中小企業における新製品や新サービスの創出に繋げるとともに、販売力や商品提案力の向上を図ることを目的としています。

プロジェクトの概要
1.名称 開放特許を活用した新事業創出プロジェクト
2.実施期間 平成29年6月30日~平成30年3月15日
3.連携機関 高知県・大学等連携協議会(高知県と県内5高等教育機関で構成)
公益財団法人高知県産業振興センター
有限責任監査法人トーマツ
株式会社イトーキ     など
4.実施概要 ①特許や知財マッチングへの知識・理解を深める勉強会の開催
②アイデアを生み出しやすくする共創支援ツールの作成
③知財アイデアソンの開催
④上記を踏まえた個別マッチングの実施     など

 上記取組みに興味のある高知県内事業者がおられましたら、地域振興部までお問い合わせをお願いいたします。

 当行は、今後とも地域金融機関として行政や大学などとの連携を推進し、地域一丸となった産業振興と経済の持続的発展に貢献してまいります。

以上

ページの先頭へ戻る