ホーム » ビジネスダイレクト » でんさいネットサービス

ビジネスダイレクト

でんさいネットサービス

全国銀行協会が設立する全銀電子債権ネットワーク(通称:でんさいネット)の「でんさい」(電子記録債権)が平成25年2月18日よりスタートしました。
よくあるご質問 「でんさい」は手形に代わる新たな決済手段として注目を集めており、四国銀行では法人・個人事業主のお客さま向けインターネットバンキング<四銀>ビジネスダイレクトを通じてご利用いただけます。

でんさいネット 手形に変わる新たな決済手段が誕生!こんなお悩みを解決します。

サービス内容

ご利用いただけるサービス内容やご利用環境などのご案内です。

ご利用開始までの流れ

お申し込みからご利用開始までの手順についてのご案内です。

よくある質問

でんさいサービスについてのよくあるご質問をまとめました。

でんさいネットの特長

でんさいネットの特長

手形債権や指名債権(売掛債権等)が抱える問題を克服し、事業者の資金調達の円滑化を図ることを目的として創設された新たな金銭債権です。電子記録機関が作成する記録原簿に電子的な記録を行うことにより、債権の権利内容が定められます。

全国規模の安心ネットワーク

全国の銀行間ネットワークを活用することにより、安心で信頼できるサービスを提供できます。

簡易な決済方法の実現

支払期日になると、自動的に登録された口座に払込みが行われます。振込伝票の作成や手形の取立のような、面倒な手続きは不要です。

※詳しくはでんさいネットホームページをご覧ください。

でんさいネットホームページ

でんさいネット取引イメージ

でんさいネットを利用した電子記録債権取引イメージ

1.でんさいの発生

金融機関を通じてでんさいネットの記録原簿に「発生記録」を行うことで、でんさいが発生します。

2.でんさいの譲渡

金融機関を通じてでんさいネットの記録原簿に「譲渡記録」を行うことで、でんさいを譲渡できます。必要に応じて債権を分割して譲渡することもできます。

3.でんさいの支払

支払期日になると、自動的に支払い企業の口座から資金を引き落とし、受取企業の口座へ払込みが行われます。でんさいネットが支払が完了した旨を「支払記録」として記録しますので、面倒な手続きは一切不要です。また、手形とは異なり、受取企業は支払期日当日から資金を利用することが可能になります。

お問い合わせは 【 四国銀行 ビジネスダイレクトセンター 】 へ

フリーダイヤル0120-459-025

受付時間:9:00〜18:00(月〜金)
※祝日・12月31日〜1月3日は除きます。
※携帯・PHSからもご利用いただけます。

ページの先頭へ戻る