ホーム » 業績ハイライト(決算概要)

業績ハイライト(決算概要)

当行単体の数値であり、単位未満は切り捨てて表示しております。
説明文の増減につきましては、億円未満を切り捨てて記載しております。

(単位:百万円)

損益 2018年度 2019年度 2018年度比
経常収益 45,439 42,902 △ 2,537
業務粗利益 32,421 31,621 △ 800
(コア業務粗利益) 33,314 30,034 △ 3,280
資金利益 29,697 26,080 △ 3,617
役務取引等利益 3,994 4,015 21
その他業務利益 △ 1,269 1,526 2,795
国債等債券関係損益 △ 892 1,586 2,478
経費 24,305 23,868 △ 437
人件費 11,511 11,246 △ 265
物件費 11,327 11,115 △ 212
税金 1,466 1,507 41
実質業務純益 8,116 7,753 △ 363
コア業務純益 9,009 6,166 △ 2,843
コア業務純益(投資信託解約損益除く) 6,259 5,207 △ 1,052
一般貸倒引当金繰入額 △ 143 141 284
業務純益 8,259 7,612 △ 647
臨時損益 1,313 △ 4,920 △ 6,233
不良債権処理額 1,033 4,330 3,297
貸倒引当金戻入益 - - -
償却債権取立益 479 1,114 635
株式等関係損益 1,391 △ 2,115 △ 3,506
その他 476 411 △ 65
経常利益 9,573 2,691 △ 6,882
特別損益 △ 564 △ 623 △ 59
税引前当期純利益 9,008 2,068 △ 6,940
法人税等合計 2,644 △ 826 △ 3,470
当期純利益 6,364 2,895 △ 3,469

(単位:億円)

2019/3末 2020/3末 2019/3末比
総預金残高 27,240 26,794 △ 446
貸出金残高 17,736 17,843 107
自己資本比率 9.09 8.63 △ 0.46
金融再生法開示不良債権残高 389 399 10

損益

実質業務純益は、その他業務利益は増加し経費は減少しましたが、資金利益が減少し、前年度比3億円減少の77億円となりました。業務純益は、一般貸倒引当金繰入額が増加し、前年度比6億円減少の76億円となりました。臨時損益は、不良債権処理額の増加や株式等関係損益の減少等により、前年度比62億円減少の49億円の損失となりました。これらの結果、経常利益は、前年度比68億円減少の26億円、当期純利益は、法人税等の減少により、前年度比34億円減少の28億円となりました。

総預金残高

総預金(譲渡性預金を含む)は、譲渡性預金の受入抑制により、 前年度末比446億円減少の2兆6,794億円となりました。

貸出金残高

貸出金は、アセット構造の改革を積極的に推進したことにより、大・中堅企業向けは減少しましたが、中小企業向け・個人向けが増加したため、前年度末比107億円増加の1兆7,843億円となりました。

自己資本比率

自己資本の額が減少したことに加え、リスクアセットの額が増加したため、自己資本比率は、前年度末比0.46ポイント低下の8.63%となりました。国内基準である4%は大きく上回っております。

金融再生法開示不良債権残高

金融再生法に基づく開示不良債権の総額は、経営改善等中小企業金融の円滑化に取組むなか、債務者区分の見直しもあり、前年度末比10億円増加の399億円となりました。

※詳細については「株式会社四国銀行 2019年度決算の概要」PDFをご覧ください。

ページの先頭へ戻る