ホーム » ニュースリリース » 「しぎん地域活性化ファンド」投資4号案件「WICKS株式会社」への投資決定について

一覧へ

ニュースリリース

2018年3月29日

「しぎん地域活性化ファンド」投資4号案件
「WICKS株式会社」への投資決定について

 四国銀行(頭取 山元文明)および株式会社四銀地域経済研究所が共同で出資する「しぎん地域活性化投資事業有限責任組合(しぎん地域活性化ファンド)」は、本社を東京から高知市に移転してLPWA(Low Power Wide Area:省電力広域電波通信技術)を活用したIoTサービスを展開する「WICKS株式会社」に対して、高知県経済の活性化に資する企業であると判断し、投資を決定しましたのでお知らせいたします。

【投資予定先の概要】
1.会社名 WICKS株式会社
2.所在地 (平成30年4月移転予定)高知市はりまや町2丁目3-1
3.代表者 代表取締役社長 鈴木正誠
4.事業内容 LPWA(Low Power Wide Area:省電力広域電波通信技術)を活用したIoTサービスの提供

 当社は、東証一部上場企業である『あいホールディングス株式会社』のグループ会社として、ホワイトスペース(未利用電波周波数帯域)を活用した通信技術による通信コストの削減、AIを活用した防災事業を高知県から展開する計画です。当行は、当社の技術を高く評価し、その成長を資金面から支援したく、出資を決定いたしました。当社は本日、高知県庁において、高知県への進出に関する記者会見を行っています。


 当行は、今後とも、地域金融機関として、地域の金融ニーズに応え、地域の産業振興と経済の持続的発展に貢献してまいります。

以上

ページの先頭へ戻る