ホーム » ニュースリリース » 【高知県観光活性化ファンド】持株会社型DMO「株式会社ものべみらい」を経由した「株式会社ヤ・シィ」に対する投資実行について~高知県・物部川地域の食と海をテーマに経済活性化モデル構築を加速!~

一覧へ

ニュースリリース

2018年5月1日

【高知県観光活性化ファンド】
持株会社型DMO「株式会社ものべみらい」を経由した
「株式会社ヤ・シィ」に対する投資実行について
~高知県・物部川地域の食と海をテーマに経済活性化モデル構築を加速!~

 四国銀行(頭取 山元文明(以下、「当行」)、株式会社四銀地域経済研究所、株式会社地域経済活性化支援機構(以下、「機構」)およびREVICキャピタル株式会社が共同で出資する「高知県観光活性化ファンド(以下、「本ファンド」)」は、持株会社型DMOである株式会社ものべみらい(以下、「ものべみらい」)を経由し、本日、株式会社ヤ・シィ(以下「同社」)に対する投融資を実行しましたので、お知らせ致します。(本件は、ものべみらいが投資する会社としては、株式会社香北ふるさとみらい、株式会社龍河洞みらいに次ぎ3社目となります。) また、同社に対し、当行から監査役を派遣しましたので、併せてお知らせ致します。

 同社は、高知県香南市に所在する「高知県立手結港海岸緑地公園」と隣接する「道の駅やす」(以下、総称して「ヤ・シィパーク」)の指定管理者として、観光情報センター、土産物店、海水浴客向け施設の運営等を行っています。ヤ・シィパークは2002年に誕生し、眼前の美しい海岸景観に相応しい「地域と観光客の出会う場所」として多くの人に愛されています。
 今回の投融資を機に、同社は、海辺レストラン「マナマナ」の直営事業及び新鮮なフルーツを活用したアイスバー等の商品加工・販売事業を核とし、高知県・物部川地域のファミリー層向け観光拠点の一つとして、ヤ・シィパークの更なる磨き上げを行っていくこととしています。

 本ファンドは、今後、本取組みを通し、経営・マーケティングノウハウの承継と後継者の指導・育成を推進するとともに、物部川地域における「観光産業」と「6次産業」の統合による経済活性化モデルの実現を追求して参ります。
 当行は、今後も、本ファンドの取組みを通じて、高知県の観光産業の発展と、産業振興および地域経済の持続的発展を支援して参ります。

【投融資先の概要】
社名 株式会社ヤ・シィ
所在地 高知県香南市夜須町
代表取締役 池㞍 申 (機構からの派遣)
事業内容 ・観光施設、飲食店等の運営・管理
・特産品を活用した商品の企画・加工・販売  等

【ものべみらいの概要】
社名 株式会社ものべみらい
所在地 高知県南国市大埇甲
代表取締役 古川 陽一郎 (機構からの派遣)
事業内容 (本ファンドが2016年9月12日に投資実行し、設立)
・物部川流域に所在する観光及び生産・加工事業者に対する投資、経営支援
・観光商品や地域産品・加工品のマーケティング・企画・販売
・事業者や団体に対するマーケティング等の集客ソリューションの提供

【参考資料】
 
■ヤ・シィパーク全景  ■海辺直営レストラン「マナマナ」と特産品アイスバー
ヤ・シィパーク全景  海辺直営レストラン「マナマナ」 特産品アイスバー

■投融資形態図


「株式会社ヤ・シィ」に対する投資形態図について

 

ページの先頭へ戻る