ホーム » ニュースリリース » 高知県物部川地域における「株式会社ものべみらい」グループの取組みに関する新入行員の体験研修を実施しました

一覧へ

ニュースリリース

2019年5月24日

高知県物部川地域における「株式会社ものべみらい」グループの
取組みに関する新入行員の体験研修を実施しました

 四国銀行(頭取 山元文明)は、地域経済の活性化に貢献できる人財育成やグループの取組み理解を目的に、新入行員を対象とした現地視察、農作業体験等の研修を実施しましたので、お知らせいたします。
 今回の研修は、株式会社地域経済活性化支援機構などと共同で出資する「高知県観光活性化ファンド」の投資先である「株式会社ものべみらい」およびグループ会社(株式会社香北ふるさとみらい、株式会社龍河洞みらい、株式会社ヤ・シィ)が、高知県物部川地域において「観光」と「6次産業化」を軸に取り組むさまざまな活動について、新入行員が実地に視察し体験することにより、座学を超えた深い理解を得ようとする試みです。
 当行は、地域経済の活性化に貢献できる人財育成に努めるとともに、「株式会社ものべみらい」が中心となって進める「観光」と「6次産業化」DMOモデル構築の支援を通じて、高知県の観光産業の発展と産業振興および地域経済の持続的発展に取り組んでまいります。

実施日 2019年4月8日、10日、15日、16日、17日の5日間
参加者 当行新入行員 合計17名
内 容
  • 株式会社ヤ・シィ 「道の駅」調査
  • 株式会社香北ふるさとみらい 「ザ・シックスダイアリ―かほくホテルアンドリゾート」視察
  • 香南市山北地区での農作業体験  他

【研修の様子】
研修の様子1  研修の様子2  研修の様子3

以上

ページの先頭へ戻る