ホーム » 健康経営への取り組み

健康経営への取り組み

四国銀行(頭取 山元文明)は、企業が持続的な成長を実現していくうえで、従業員およびその家族の健康が重要な財産であると位置付け、戦略的な健康経営の推進に向けた「健康経営宣言」を策定しました。

健康経営宣言

四国銀行は、「従業員およびその家族の健康は、企業にとって大切な財産であり、守るべきものである」という考え方のもと健康経営を推進し、従業員の健康の保持増進やワークライフバランスの推進に向け、いきいきと働ける職場環境づくりに積極的に取り組んでいきます。
また、健全な金融サービスの提供や地域活動を通じて、活気ある地域づくりに貢献してまいります。

2018年4月

主な取組み

疾病の早期発見と生活習慣病予防対策

  • 定期健康診断の100%実施と精密検査等受診率の向上
  • 特定保健指導実施率の向上

メンタルヘルス対策

  • ストレスチェックの実施と事後フォロー、職場環境改善の実施
  • メンタル不調者に対する個別のサポート
  • 職場復帰支援

職場環境の整備

  • ワークライフバランスの推進
  • 受動喫煙防止対策の強化(建物内禁煙の実施)

健康経営推進体制

「健康経営宣言」に基づき、頭取の指揮の下、銀行・健康保険組合が一体となり、産業医や従業員組合等と連携して、従業員および家族の健康保持・増進を図るための施策等に取り組みます。

健康経営推進体制 イメージ図

ページの先頭へ戻る